1. intelligence-all-ears

    伝える・聴く・尋ねる

    人の話を聴く

    大抵の人は話を「聴いて」いない「穴とドリル」という小話をしよう。人は本当に話を「聴いて」いるかどうか、を知るきっかけになる。とあるホームセンターの店員の話である。ある日「ドリルが欲しい」というお客様がそのホームセンターに訪れた。店員は「ドリルが欲しい」という話を聴くなり「このドリルは高性能ですよ、こちらであれば手ごろ価格ですよ」と早速販促を始めた。...この…

  2. intelligence-background

    伝える・聴く・尋ねる

    本題の前に前提を伝える

    すぐに本題へ入ってはいけない時自分と相手が持つ「話の前提」が一致していないならば、すぐに本題へ入ってはいけない。例えば、次のようなことをよく言われていれば…

  3. intelligence-simple

    伝える・聴く・尋ねる

    簡潔に、端的に伝える

    要約・詳細だけを伝える「納得を生む為に、結論・理由・具体例・結論の順で伝える」に記載した伝え方は、簡潔に、端的に述べるには向いていない。簡潔さ・端的さを求…

  4. intellingence-convinced

    伝える・聴く・尋ねる

    納得を生む為に、結論・理由・具体例・結論の順で伝える

    相手の納得を生む伝え方納得を生む為の伝え方がある。PREP 法とも言う。具体的には、以下の順で伝えることだ。結論から言う理由を示す…

  5. intelligence-essence

    伝える・聴く・尋ねる

    専門知識を活かす為に、伝える・聴く・尋ねる

    専門だけに没頭しない個人的な経験ではあるが、現場においては専門知識を 活かすことができなければどれだけその知識を多く持っていても、意味がない。現場で専門…

  6. think-continue

    考える基本

    考えることを諦めない

    考えることを諦める時今自分が考えることを諦めているか どうか。2 つの点で把握できる。「難しい」で終わらせている30分以上悩んでいる「難しい」で終…

  7. think-organize

    考える基本

    考えを整理する

    手段と目的は混同されがちMECEやロジックツリーなど、いわゆるロジカルシンキングに基づいた整理手法が世の中にあふれている。手段としては強力な一方、かなり頭…

  8. think-number

    考える基本

    数字を味方にする

    曖昧な表現は余計な思考を生む今月は先月よりも、より多くの売上を出す次に出す製品は、初回出荷時の不具合混入率を徹底的に少なくするこれから先は、たくさん本を…

  9. think-reason-appendix

    考える基本

    現象と原因を混同しない

    この記事は「原因探索をするには」の補足に位置づけられる記事である。上述記事が未読の方は、初めに一読お願いしたい。現象を原因のように扱わない例えば「なぜこの…

  10. think-reason

    考える基本

    「なぜ」で本当の原因を探る

    目に見えるものは原因ではないあなたは急遽、顧客への提案資料を作成することになったとしよう。期日は本日中。どうやら担当する人が決まっておらず、自分に声がかか…

最近の記事

  1. 人の話を聴く
  2. 本題の前に前提を伝える
  3. 簡潔に、端的に伝える
  4. 納得を生む為に、結論・理由・具体例・結論の順で伝える
  5. 専門知識を活かす為に、伝える・聴く・尋ねる
PAGE TOP