hourenso-essence

仕事の基本

報連相では「相手に何をしてほしいか」を伝えること

報連相で最も大事なことは一つ

相手に何をしてほしいかを伝えること

理由は一つ。
報連相の目的は、上手に伝えることではなく、相手を動かすこと だから。

報連相の目的は、相手を動かすこと

世間では報連相を
「相手に分かりやすく伝えること」「論理的に伝えること」
と表現しているフシがある。

これらは 伝え方の技術だ と理解すべきである。

伝え方の技術も確かに重要だが、報連相の力はつかない。
実際に「言いくるめる伝え方」で報連相をし、相手を困らせたことはないだろうか。

それは報連相の目的から外れているからだ。

相手に何をしてほしいかを伝え、相手に動いてもらう。
この目的を外してはいけない。

報連相の後、相手に動いてもらえるか

納期・締め切りに間に合わない、という場面を想像しよう。
あなたは顧客か上司に報連相しなければいけない。

相手に動いてもらうならば、こうなる。

「申し訳ありませんが、7/4 の締め切りに間に合いそうにありません。
7/5 の 12:00 までに延ばしていただければ、間に合います。約束します。
なので、7/5 12:00 までに猶予を頂けないでしょうか」

相手に動いてもらわないならば、こうなる。

「申し訳ありませんが、7/4 の締め切りに間に合いそうにありません。
 昨日までは間違いなくスケジュール通りだったのですが、今日の進捗感だと厳しいです」

違いは感じ取れるだろうか。何が違いか、繰り返し書いているが
改めて自分で言語化を試してほしい。

まとめ

  • 報連相で最も大事なことは 相手に何をしてほしいかを伝えること
  • なぜならば、報連相の目的は 相手を動かすこと だから
  • 世間で語られる報連相は、伝え方の技術 である。必ずしも、報連相の力がつくわけではない

水掛け論が起きた時点で、その依頼は失敗である次のページrequest-pointless-argument

関連記事

  1. request-responsible

    仕事の基本

    担当者を決める。責任はそこから生まれる

    担当者とは責任者担当者が決まっておらず、ある仕事が未完了のままだと分…

  2. request-leave-it-to-me

    仕事の基本

    仕事の内容を理解したか、目線を合わせる・すり合わせる

    目線合わせ・すり合わせ依頼を受ける側がすべき仕事がある。目線合わせ…

  3. request-why

    仕事の基本

    「なぜ」その仕事をするかを明確にする

    「なぜ」を明確にする理由は一つだけ。「なぜ」が分からなければ、思い…

  4. request-priority

    仕事の基本

    優先度を決める。本当に大事なことに集中する

    全てやっていたら時間が足りない仕事は、やろうと思ったらいくらでも増や…

  5. request-what

    仕事の基本

    仕事を終わらせるために、完了状態を決める

    仕事を終わらせる努力をする仕事を依頼したが、まったく終わらない自…

  6. request-pointless-argument

    仕事の基本

    水掛け論が起きた時点で、その依頼は失敗である

    水掛け論を防ぐ依頼の後に水掛け論をしていないだろうか。「こうして…

PAGE TOP