request-howmuch

仕事の基本

その仕事をどれぐらい丁寧にするかを決める

基準がなければ雑にも丁寧にもなる

  • 「出来上がりが雑です。もっと丁寧にしてください」
  • 「時間をかけすぎです、あまりにも丁寧なので大雑把で良いです」

どちらかを言われたことはないだろうか。

思い当たるならばその仕事の「丁寧度合」が明確に決まっていない。
つまり、次の二つが決まっていない。

  • 何を丁寧にすべきか
  • 何を雑に大雑把にすべきか

思い込みの余地をなくす

仕事で「丁寧度合」が決まっていなければ、
個人の基準で丁寧さが決まってしまう。

  • 雑にすべきことを、丁寧な人は丁寧にする
  • 丁寧にすべきことを、雑な人は雑にする

どちらの性格が悪いというわけではない。
仕事で基準が決まっていないことが問題だ。

依頼の都度、丁寧度合を決める

丁寧度合が依頼の基準として定まっているか。
依頼者、依頼を受ける側双方ともに確認をする。

    1. 依頼者は、その依頼の丁寧度合を伝える。必ず
    1. 依頼を受ける側は、丁寧度合が明確でなかったら聴く。必ず

1. 依頼者は、その依頼の丁寧度合を伝える。必ず

  • 時間をかけないでよいところで時間がかかり
  • 時間をかけるべき時におろそかになり、不十分なまま

このように、適切に時間が使われなくなる。

2. 依頼を受ける側は、丁寧度合が明確でなかったら聴く。必ず

自分の思い込みで「これだけやろう」と思い込んで決めない。
依頼者に聴く。

  • デザインラフ・輪郭だけ作ればよいのか
  • 細部の影やしわ・完成手前一歩まで色塗りをやるべきか

まとめ

  • その仕事の「丁寧度合」を決める
  • 基準が決まらなければ、仕事は雑にも丁寧にもなる
  • 雑になれば時間は使われず、丁寧になれば時間は余計に使われる
  • 適切な時間配分を定める為、必ず「丁寧度合」を決める

依頼の時は「どれぐらい丁寧にするか」以外も明確にしておくべきことがある。
別の記事に一覧化しているので、参照いただきたい。

request-how期待してます、ではなく、期待する内容を伝える前のページ

優先度を決める。本当に大事なことに集中する次のページrequest-priority

関連記事

  1. hourenso-essence

    仕事の基本

    報連相では「相手に何をしてほしいか」を伝えること

    報連相で最も大事なことは一つ相手に何をしてほしいかを伝えること理由…

  2. request-leave-it-to-me

    仕事の基本

    仕事の内容を理解したか、目線を合わせる・すり合わせる

    目線合わせ・すり合わせ依頼を受ける側がすべき仕事がある。目線合わせ…

  3. request-how

    仕事の基本

    期待してます、ではなく、期待する内容を伝える

    いったい何を期待するのか「期待してます」とだけ伝えた数日後、「私は…

  4. write_book

    仕事の基本

    「手戻りは依頼で防ぐ」を書籍化しました

    本ブログのタグ 仕事の基本 で主に書かれていた「依頼で水掛け論を防ぐ…

  5. request-pointless-argument

    仕事の基本

    水掛け論が起きた時点で、その依頼は失敗である

    水掛け論を防ぐ依頼の後に水掛け論をしていないだろうか。「こうして…

  6. request-when

    仕事の基本

    仕事の締切を決める、守る姿勢を持つ

    締切を決める締切がなければいつまでたっても、その仕事は終わらない。…

PAGE TOP