request-priority

仕事の基本

優先度を決める。本当に大事なことに集中する

全てやっていたら時間が足りない

仕事は、やろうと思ったらいくらでも増やせる。

手元に地場商品 X があるとしよう。
新規顧客開拓という観点から(妄想だが)仕事を増やしてみる。

  • 日本全国に売りに出す
  • 国内新規の継続利用者数について、目標は Y 人
  • そのために、商品 をマスメディアに取り上げてもらう
  • 一方で、海外展開もする
  • そのために Z 国へ売りに出す
  • 国外新規の継続利用者について、目標は W 人

わらわらと出てくる。

どれだけ時間が必要か。
質問を変えよう。
どれが今、本当に大事なことなのか。

この「本当に大事なこと」を示す基準が優先度である。

全てに集中できるわけがない

優先度が無ければ集中すべきことを誤る。

  • 毎日続く仕事
  • 今日しかない家族の誕生日

漫然と仕事をし続けていれば、その日にしかできないことを見失う。

その時何が一番大事で、何に集中すべきか。
それを示すのが優先度だ。

優先度を決める

依頼では、優先度を次の二点で決める。

    1. 依頼者は、依頼を伝える時に優先度を高・中・低で伝える。必ず
    1. 依頼を受ける側は、依頼の優先順を聴く。必ず

1. 依頼者は、依頼時に優先度を高・中・低で伝える。必ず

  • 一番大事なことを、優先度高
  • 日常的に対応すべきことを、優先度中
  • 今はやらなくてよい。余裕が出来た時にやる、を優先度低

として相手に伝える。

肝心なのは、優先度高は一つだけに絞ることだ。
もし 数ある仕事の中で、一つだけしか仕事ができないとすれば何か。
それが優先度高としての位置づけだ。

あれも、これも、優先度高。
気持ちは分かるが、それでは一生仕事は終わらない。

2. 依頼を受ける側は、都度依頼の優先順を聴く。必ず

依頼者から優先度の話が出なかったときは、必ず聴く。

これを聴いておかなければ後々

  • 「今それを優先する必要はない」
  • 「なぜ今優先的に対応していないのか」

という言葉が飛んでくる。

まとめ

  • 本当に大事なことに集中するために、優先度を決める
  • 優先度高は、ただ一つだけに絞る
  • あれも、これも、優先度高では仕事は終わらない

依頼の時は「優先度」以外も明確にしておくべきことがある。
別の記事に一覧化しているので、参照いただきたい。

request-howmuchその仕事をどれぐらい丁寧にするかを決める前のページ

仕事の内容を理解したか、目線を合わせる・すり合わせる次のページrequest-leave-it-to-me

関連記事

  1. request-when

    仕事の基本

    仕事の締切を決める、守る姿勢を持つ

    締切を決める締切がなければいつまでたっても、その仕事は終わらない。…

  2. request-responsible

    仕事の基本

    担当者を決める。責任はそこから生まれる

    担当者とは責任者担当者が決まっておらず、ある仕事が未完了のままだと分…

  3. hourenso-essence

    仕事の基本

    報連相では「相手に何をしてほしいか」を伝えること

    報連相で最も大事なことは一つ相手に何をしてほしいかを伝えること理由…

  4. write_book

    仕事の基本

    「手戻りは依頼で防ぐ」を書籍化しました

    本ブログのタグ 仕事の基本 で主に書かれていた「依頼で水掛け論を防ぐ…

  5. request-howmuch

    仕事の基本

    その仕事をどれぐらい丁寧にするかを決める

    基準がなければ雑にも丁寧にもなる「出来上がりが雑です。もっと丁寧に…

  6. request-leave-it-to-me

    仕事の基本

    仕事の内容を理解したか、目線を合わせる・すり合わせる

    目線合わせ・すり合わせ依頼を受ける側がすべき仕事がある。目線合わせ…

PAGE TOP