think-essence

考える基本

答えを出すために考える

考えるとは何か

  • 何かに答えを出すこと
  • その「何か」が何なのかを理解する、あるいは決めること

これが「考える」である。

「考える」には

考えると一口に言っても、実際には複数の手法が存在する。
知的生産の現場では外せない一覧化するので、各記事へのリンクを参照してほしい。

request-leave-it-to-me仕事の内容を理解したか、目線を合わせる・すり合わせる前のページ

悩まない、考える次のページthink-no-result

関連記事

  1. asis-tobe

    考える基本

    問題定義と課題設定をする

    はじめに問題と課題の違いを理解していない、という方は「問題と課題の…

  2. think-reason-appendix

    考える基本

    現象と原因を混同しない

    この記事は「原因探索をするには」の補足に位置づけられる記事である。上…

  3. think-reason

    考える基本

    「なぜ」で本当の原因を探る

    目に見えるものは原因ではないあなたは急遽、顧客への提案資料を作成する…

  4. think-continue

    考える基本

    考えることを諦めない

    考えることを諦める時今自分が考えることを諦めているか どうか。2 …

  5. problem-task

    考える基本

    問題と課題の違いを理解する

    問題と課題問題は、理想が満たされていない状態のこと課題は、問題を…

  6. think-organize

    考える基本

    考えを整理する

    手段と目的は混同されがちMECEやロジックツリーなど、いわゆるロジカ…

PAGE TOP