intelligence-simple

伝える・聴く・尋ねる

簡潔に、端的に伝える

要約・詳細だけを伝える

納得を生む為に、結論・理由・具体例・結論の順で伝える
に記載した伝え方は、簡潔に、端的に述べるには向いていない。

簡潔さ・端的さを求められる場面では、要約・詳細のみを伝える。
これは、SDS 法とも言われる。

簡潔・端的に伝える

とるべき順序は以下の通りである。

    1. 要約を述べる
    1. 詳細を述べる
    1. もう一度要約を述べる

進捗を簡潔に伝える

顧客や上司から「進捗に問題はありませんか」と尋ねられたとしよう。
伝え方はこうだ。

進捗に問題はありません。

なぜならば、今日までにやるべき課題は定時までに終わるからです。

なので、進捗には問題ありません。

要約は結論のみ

要約を結論と読み替えて、一言で済ませよう。

進捗に問題はありません。

詳細は「概要を補足する」ものである

概要を捕捉するものとは何か。主に以下の 3 つである。

  • 理由(なぜならば)
  • 具体的なもの(具体的には)
  • 例示(例えば)

今回の場合は理由である。

なぜならば、今日までにやるべき課題はあと 1 時間で終わるからです。

要約をもう一度押す

相手に要約を念押しするため、もう一度伝える。

なので、進捗には問題ありません。

やり方の補足: 詳細をダラダラ足さない

補足は要約と同様、一言・二言で済ませるつもりで伝える。
あれも、これも、と付け足すと簡潔に・端的にならない。

まとめ

  • 簡潔に・端的に伝えるには次の方法をとる
    1. 要約を述べる
    1. 詳細を述べる
    1. もう一度要約を述べる
  • 詳細は、理由・具体的なもの・例示いづれかを選ぶ
  • 詳細をダラダラ話さない。一言・二言で終わらせる

その他「伝え方・聴き方・尋ね方」を
専門知識を活かす為に、伝える・聴く・尋ねる」に一覧化しているので、
別途参照いただきたい。

intellingence-convinced納得を生む為に、結論・理由・具体例・結論の順で伝える前のページ

本題の前に前提を伝える次のページintelligence-background

関連記事

  1. hourenso-essence

    仕事の基本

    報連相では「相手に何をしてほしいか」を伝えること

    報連相で最も大事なことは一つ相手に何をしてほしいかを伝えること理由…

  2. intelligence-essence

    伝える・聴く・尋ねる

    専門知識を活かす為に、伝える・聴く・尋ねる

    専門だけに没頭しない個人的な経験ではあるが、現場においては専門知識…

  3. intelligence-background

    伝える・聴く・尋ねる

    本題の前に前提を伝える

    すぐに本題へ入ってはいけない時自分と相手が持つ「話の前提」が一致して…

  4. intelligence-all-ears

    伝える・聴く・尋ねる

    人の話を聴く

    大抵の人は話を「聴いて」いない「穴とドリル」という小話をしよう。人…

  5. intellingence-convinced

    伝える・聴く・尋ねる

    納得を生む為に、結論・理由・具体例・結論の順で伝える

    相手の納得を生む伝え方納得を生む為の伝え方がある。PREP 法とも言…

PAGE TOP