intelligence-background

伝える・聴く・尋ねる

本題の前に前提を伝える

すぐに本題へ入ってはいけない時

自分と相手が持つ「話の前提」が一致していないならば、
すぐに本題へ入ってはいけない。

例えば、次のようなことをよく言われていれば
「話の前提」を伝えることが不足している。

  • 「何について話しているのですか」
  • 「話は大体わかったのですが、一体何があったのですか」

話の前提を伝える

必要なのは次の 3 つである。

    1. 目的(何がしたいか)
    1. 経緯(話に至るまでに起きたこと)
    1. 背景(何が起きているか)

今、自分が次のような状況に置かれているとしよう。

  • LAN 配線でパソコンA をインターネットに繋げる仕事を任された
  • しかし、配線の知識が無く困っている
  • 有識者と聴いた他部署の X さんにやり方を聴くことにした

X さんへ伝える「話の前提」は次のようになる。

私は LAN 配線でパソコンA を
インターネットに繋ぎたいと考えています。

そもそも、うちの部署で詳しい Y さんがやるのが筋ですが
長期出張で不在の為、私がやることになりました。

そこで、やり方を調べたのですが
LAN とは何か、無線LAN・有線LAN の違いとは何か...
と混乱気味で困っている状況です。

そこで、本題なのですが質問をさせてほしいです
...(以降省略)

1/ 目的で「何がしたいか」を伝える

まずは、目的(自分が何をしたいか) を伝える。
でなければ、相手は大雑把にでも何を考えるべきか
分からなくなってしまう。

私は LAN 配線でパソコンA を
インターネットに繋ぎたいと考えています。

2. 経緯で「話に至るまでに起きたこと」を伝える

経緯を通して、なぜその話をすることになったのか
を相手に伝え状況を理解してもらう。

そもそも、うちの部署で詳しい Y さんがやるのが筋ですが
長期出張で不在の為、私がやることになりました。

3. 背景で「何が起きているか」を伝える

話をすることになった理由を把握してもらうために
何が起きているか、を伝える。

そこで、やり方を調べたのですが
LAN とは何か、無線LAN・有線LAN の違いとは何か...
と混乱気味で困っている状況です。

前提を伝えることで、話を始められる

もし話の前提が伝わらないまま進めると、X さんからすると

  • 「同部署内の詳しい人に聴けばいいのでは」
  • 「そもそも LAN に関してどれだけの知識量なのか」

という状態から話が始まってしまう。

前提を伝えて初めて、同じ状態で話を始められる。

まとめ

  • 本題の前に前提を伝える
  • 前提では以下の3つを伝えること
    • 目的(何がしたいか)
    • 経緯(話に至るまでに起きたこと)
    • 背景(何が起きているか)

その他「伝え方・聴き方・尋ね方」を
専門知識を活かす為に、伝える・聴く・尋ねる」に一覧化しているので、
別途参照いただきたい。

intelligence-simple簡潔に、端的に伝える前のページ

人の話を聴く次のページintelligence-all-ears

関連記事

  1. intellingence-convinced

    伝える・聴く・尋ねる

    納得を生む為に、結論・理由・具体例・結論の順で伝える

    相手の納得を生む伝え方納得を生む為の伝え方がある。PREP 法とも言…

  2. intelligence-simple

    伝える・聴く・尋ねる

    簡潔に、端的に伝える

    要約・詳細だけを伝える「納得を生む為に、結論・理由・具体例・結論の順…

  3. intelligence-all-ears

    伝える・聴く・尋ねる

    人の話を聴く

    大抵の人は話を「聴いて」いない「穴とドリル」という小話をしよう。人…

  4. intelligence-essence

    伝える・聴く・尋ねる

    専門知識を活かす為に、伝える・聴く・尋ねる

    専門だけに没頭しない個人的な経験ではあるが、現場においては専門知識…

  5. hourenso-essence

    仕事の基本

    報連相では「相手に何をしてほしいか」を伝えること

    報連相で最も大事なことは一つ相手に何をしてほしいかを伝えること理由…

PAGE TOP