過去の記事一覧

  1. think-reason-appendix

    考える基本

    現象と原因を混同しない

    この記事は「原因探索をするには」の補足に位置づけられる記事である。上述記事が未読の方は、初めに一読お願いしたい。現象を原因のように扱わない例えば「なぜこの…

  2. think-reason

    考える基本

    「なぜ」で本当の原因を探る

    目に見えるものは原因ではないあなたは急遽、顧客への提案資料を作成することになったとしよう。期日は本日中。どうやら担当する人が決まっておらず、自分に声がかか…

  3. think-evidence

    考える基本

    裏付けから、確証を得る

    「それ、本当に正しいですか」上司・契約先・顧客にこう言われて、次のような行動をとったことはないだろうか。何も返せず、うつむいた自信をもって「正しいです…

  4. asis-tobe

    考える基本

    問題定義と課題設定をする

    はじめに問題と課題の違いを理解していない、という方は「問題と課題の違いを理解する」 をはじめに一読お願いしたい。問題定義と課題設定のやり方流れから説明す…

  5. problem-task

    考える基本

    問題と課題の違いを理解する

    問題と課題問題は、理想が満たされていない状態のこと課題は、問題を克服するための対策のこと問題は、理想が満たされていない状態のことダイエットを例にとろ…

  6. think-no-result

    考える基本

    悩まない、考える

    悩む・考える答えを出せないこと、が悩む答えを出せること、が考える答えを出せないこと、が悩む問いを前にしてどう答えを出してよいかわからない何をし…

  7. think-essence

    考える基本

    答えを出すために考える

    考えるとは何か何かに答えを出すことその「何か」が何なのかを理解する、あるいは決めることこれが「考える」である。「考える」には考えると一口に言っても…

  8. request-leave-it-to-me

    仕事の基本

    仕事の内容を理解したか、目線を合わせる・すり合わせる

    目線合わせ・すり合わせ依頼を受ける側がすべき仕事がある。目線合わせ・すり合わせだ。これが出来なければ、水掛け論までまっしぐらだ。依頼を受ける側の仕事言…

  9. request-priority

    仕事の基本

    優先度を決める。本当に大事なことに集中する

    全てやっていたら時間が足りない仕事は、やろうと思ったらいくらでも増やせる。手元に地場商品 X があるとしよう。新規顧客開拓という観点から(妄想だが)仕事を…

  10. request-howmuch

    仕事の基本

    その仕事をどれぐらい丁寧にするかを決める

    基準がなければ雑にも丁寧にもなる「出来上がりが雑です。もっと丁寧にしてください」「時間をかけすぎです、あまりにも丁寧なので大雑把で良いです」どちらかを…

最近の記事

  1. 「速く文章を書くには」を書籍化しました
  2. 「手戻りは依頼で防ぐ」を書籍化しました
  3. 人の話を聴く
  4. 本題の前に前提を伝える
  5. 簡潔に、端的に伝える
PAGE TOP